shinobixxlog

そこで発 見したのが次のカテゴリーというか、キイワードです。

 「レイプ」。つまり「強姦」です。

 何故こんなパターン化した卑劣な暴力行為が繰り返し飽きられず、商品たり得るのか。この点 に対して非常に興味を抱きました。
 ゲーム市場でもその手のモノは同様に消費され続けているらしいし、侮り難い数の固定ファン もいるらしい・・・

 仮説を立てました。「レイプ」は「食事」「生存」「睡眠」等と近いレベルで、原初的な欲望 で自然の摂理に基づく行為である。
 もちろん誤りのある仮説であることは一目瞭然です。
 しかし僕レベルが思いついたことは、僕より発想に道徳性のない学者が既に考えて研究してい るに違いないと思いました。で、調べたわけです。20冊か30冊目の「レイプ」関連の本の中 に答は見つかりました。

 僕の仮説は実はけっこうイイ線まで当たっていました。「レイプ」は、原初的な欲望の充足の ための「代替」行為であると、その学者は結論づけていました。
 で、元は何だったかといえば「狩猟」だったそうな。つまり「レイプ」は「狩猟民の血がうず く」結果というわけです。ちなみに他の代替行為としては「動物の写真撮影」とか「スポーツ」 等あるらしい(笑)。

 上記の学者の御説が正しいかどうかというと、相当、怪しいモノではあります。しかしながら 、僕にとってはそれで十分でした。何故ならゲームデザイナーであるところの僕の目的は、「コ ンシューマーのゲームソフトのユーザーに負い目を感じさせることなく、レイプする快感を楽し んでもらう」
 これに尽きたからです。

 そしてその結果が「Linda3」。
 動物を倒した時のメッセージ、「XXXXは、抵抗をあきらめた」はその名残りです。

 では、潜在的レイパーの皆さん、ごきげんよう。
Alfa・MARS PROJECT COLUMN (via bookishboy)

そもそも、CコードがJavaScriptにコンパイルできるのである。OSはなんで書かれているか? Cである。OSをJavaScriptにコンパイルすればいいではないか。

OSは、ハードウェアの特権モードの支援を受けて、ユーザースペースのプロセスを、お互いに干渉できないような隔離を保証する。この特権モードの切り替えは、非常に高くつく。しかし、Webブラウザーはタブでソフトウェア的に隔離を実装しているではないか。

なんと2040年では、JavaScriptは、極めて移植性の高い共通のアセンブリ言語として君臨している。もう移植性のない点でバラバラのハードウェアについて考える必要はないのだ。JavaScriptで動作する分、2割ほど遅くなるが、ハードウェアの特権モードを多用しない分、2割ほど速くなる。掛け算がどのように働くかということをかんがえれば、0.8 * 1.2 = 0.96であり、ネイティブで実行するよりも多少遅くはなるのだが、これは許容範囲である。

そして、JavaScriptは死んだ。JavaScriptは使われているが、もはや誰もJavaScriptを直接書くことはない。

本の虫: JavaScriptの誕生と終焉 (via do-nothing)

(via konishiroku)

lab-matix:

/ DRUMATIX /

Roland TR 606 advert 

lab-matix:

/ DRUMATIX /

Roland TR 606 advert 



(via niboresi)

では人間は何もしなくても曲が出来上がるのかと言うとそれは違う。作曲のためのルール集合自体人間が考えてやる必要がある。

ルール集合が同じであると似たような曲しか出来ないし、そこがまさに人間しか出来ない知的作業と言えるわけである


例えば、坂本龍一(織田信長に「さん」をつけないの同様、歴史レベルの偉人なので敬称をあえて略す)の作曲のための方法論として、自分が考えた作曲アルゴリズムに基づき、自分作曲機械だとみなしてそのアルゴリズムにより曲を生成し、その曲の良し悪しを音楽家坂本龍一が評価し、そして作曲アルゴリズム修正を行なうというフィードバックループにより作曲するという主旨のことが『坂本龍一音楽』(asin:4487801036)に書いてあったと思う。(うろ覚え)


坂本龍一が本当にそうやって作曲しているのかどうかは私は知らないが、そういう視点というのが面白いと思っていたし、この「自分作曲機械だとみなしてそのアルゴリズムにより曲を生成する」という部分は、私のプログラミング能力であればコンピューターに完全に肩代わりさせることが可能だ。


そうなってくると、「自分が考えた作曲アルゴリズム」が問題となる。従来のアルゴリズム作曲論文では、この部分が固定に近い形であったので、同じような曲しか作れなかった。自動生成される曲の完成度はともかく、私にはその部分が大いに不満であった。


私は特定ジャンル特定の種類の曲を大量に生成したいわけではないので、上記のようなフィードバックループをなるべく短い時間で回したいのである。そうすることにより短い時間自分作曲アルゴリズムが磨かれるわけである


そして、最終的にはこのループ自体を少しプログラム音楽に対して理解のある人であれば誰もが体験できるよう、自動作曲のためのプログラミングフレームワークとして公開したいわけである

ボカロ(作るところから)はじめました - やねうらお-俺のボカロがこんなに音痴なわけがない。 (via orekane)

(via shayol)

(Source: ch15, via cxx)

libssl/src/ssl だけを見ても、CVS に罵倒と修正がひっきりなしに記録されています。 OpenBSD から見て Heartbleed は氷山の一角に過ぎない | スラッシュドット・ジャパン Submission (via otsune)

(via otsune)

(Source: noirlac)

何度か言ったようにエロゲで描かれるセカイは「こうあるべきであった日本のニュータウン」です。秩序があってDQNなんか居なくて幼なじみが居てそこそこの将来が約束された景気があって…。でもそれらは全て幻となり、80年代の夢は滅びました。その巨大な悲しみですね。 [はてなブックマークで表示]

Twitter / 1_o_4_Ace

ふむ

(via odakin)

(via overhilowsee)

(Source: rapid-heart, via kanabow)

(Source: typicalhope, via masterkohta)